スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.138 トラブル ラッシュ

2009年04月12日 20:43

11月から感想かいてなくて申し訳ない。
ちおりんの分は本誌のままでいいと思っています。
間たまに出てくる光さんがとにかくラブだった!(笑)
なんか昔から大好き・・・・光さん・・・・。
キョーコさんの正義はキョーコさんの通りでヨシ!
とはいえ、えらいよ、キョーコさん・・・・。
言葉より演技で納得させる、マリアちゃんといい、キョーコさんはスゴイ。
ちおりんは人生をかけて大感謝するべきだと思われます。
そんな訳で、いっきにハッピータイム感想にすっとばします!

今回は。

椹さんカムバック♪
アニメ、椹さんの声がとにかくよく合っていて、大好きだった!
他の方ももちろん好きだったけど、もっともイメージどおりなのは椹さんだった(笑)。
時点は後半の尚・・・・かな。プロモ編の尚はよかった!


そして、レイノさんカムバック!
やっぱりゲームで出てくるからなんでしょうか。
何してくれるのか・・・・「チョコをあげたくて仕方なくなる」、
キョーコさんを自分が「知っている」ネタで脅してくれなければいいのですけど・・・・。
色々な展開を妄想しすぎて、もうドキドキしてる!
だってレイノさんってある意味でジョーカーみたいな立場にいるんだもの!(わぁぁ)。
もう出てこないと思っていたので、見たかったけど、安心はしてたんだ。
でもやっぱり見ちゃうとレイノの内心での冷静なツッコミがとても好きだ・・・・(笑)。
始めの計画って何なの~~~~~気になる~~~~~~~。
待ってれば見られるんですけど、次回の後は一ヶ月待ち!
うわーん、次回どこまで描いて貰えるのか、ドキドキするっ(笑)。

・・・・・でも、霊能力?で、キョーコさんの携帯ブルブルさせて
直通で通話しちゃう能力はちょっとコワイですね(笑)。
レイノさんに隠し事なんて出来そうに無いですねえ。


あとは、キョーコさん蓮様のお誕生日を間違えて覚えていたみたいですけど、
読んだ後すぐ思ったこと。

別に何も持ってなくても大丈夫だよ!
大事な初チュー一つとぎゅう一つで蓮様超浮かれちゃうから!

・・・・・とくだらない事を思いました(笑)。
いえ・・・・そんな大胆な事をキョーコさんがするはずも無いので、
ほっぺにちゅーぐらいを期待しとく~♪
蓮様が珍しく期待しているようなので、
ちゅーとまでは行かなくても、せめてぎゅー一つぐらいは差し上げて頂きたい。
(ちゅーだのぎゅーだの擬音が多い感想だ)

なんか今回は話が二話分ぐらいぎゅっと詰まってて面白かった!

>恋なんてしょせん脳が見せる幻覚だとも気付かずに!!

ある意味とても大人ですね(笑)。
どうでもいい事ですが、私は愛より恋のほうが好きです。
恋は打算が入らないから。勝手に大好きでいたい人間です。

そして、キョーコさんが「むきゅうっ」って顔するのがすごく好き!
なんかかわいい!


・・・・うん、恋ですな!(ほんとかよ/笑)。



>女子を振り回すヤシロサン・・・・

女子を振り回してるから何かと思ったら「好」文字に詰まったチョコ!
本当にあるのか分からないけど、その可笑しさ加減たら・・・・。


蓮様お誕生日話とチョコ話、やっとキター!な訳で、
しばらく飴とムチのうち飴タイムかなあ?ワクワク。

ACT.X LUCKY NUMBER"25" AFTER

2008年11月19日 20:08

ちわわ。

えーと・・・アニメの方のCMで中身のあらすじというか、クリスマスパーティの続編だと見てしまったので、一体どんな・・・と思って、早速買って見ました。

でも、久々のスキビ節な。懐かしいと思いましたが、コミックスでは出たばっかりの部分なんですよねえ。月日が濃厚に過ぎてる感じがします。そして、お元気要素満載でしたが、せっかくのスペシャルショート、閑話休題のこの16ページに、何とか恋愛方向に意味を付けたい管理人であります(^^;。16ページながら読み応えがあった気がしたのですけれど。またぜひ色々なこぼれ話にあやかりたいものです。きっと沢山あるんだろうな~って思います。


さて、二つしばりのきょこさんかわいいっすね・・・やっぱ・・・・。
あと、マリアちゃん寝てしまったのかと思っていたのですが、起きてたのねん。

>「ジャンヌダルクのリボン」

・・・・・・蓮様、さすが。

>蓮様スペシャルサイズドール

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

世界にお披露目しちゃうんだ(笑)。

でも、ついにきたね!

蓮様人形を蓮様が知る日が・・・・!
(自失呆然、複雑そうだったけどね)。

マリアちゃんサイズ的には等身大蓮様人形(笑)。
抱きしめると抱きしめ返してくれるサービスついてるし・・・・!
・・・・・・目の前にいるのに偶像崇拝ってのもまた可笑しいのだけれど(笑)。

>「蓮様人形は誰にもあげられないって」

私も理由を知りたかったから知れてよかったです。が、試作品だから、という理由なのかあ。。。。私蓮キョバカだからさ、ドリーミィな事考えてた。最後の「苦い気持ちが少し」ってので相殺しましょうか。ようやく・・・ようやく・・・・とまたドリィム抱いて早何年(笑)。


>「試作品」

・・・・・元は呪いの人形だった事は完全にこの場ではNGだろうなあ・・・・。いや・・・あの超スペシャル人形も実は呪いの人形・・・・・・?(汗)。マリアちゃん、おかしなのろいグッツだいすきだし・・・そのつもりだったら・・・・なんて妄想は不毛ですな(=_=;


>「他人の気がしなくて気持ちのいいものじゃないよ」/苦いものがこみ上げてきた

蓮をダシにしてしまった罪悪感が苦いのか、あげた事そのものが苦いのか。後悔?

蓮は少なくとも喜んでは無いみたいなので・・・マリアちゃんを喜ばすためだけにキョーコが精巧な人形を作った事に軽く嫉妬でもしているのかしら。自分はキョーコが好きなんだもんねぇ・・・他人を喜ばすためとか、マリアちゃんと蓮をセットで、みたいなキョーコさんは、まるで自分が思われていないみたいでちょっと嫉妬しちゃうのかも。キョーコさんにも自分を独占していて欲しいという独占欲のような。・・・・・蓮の表情や言葉の意味の読み取り間違ってるかもしれないけれど、キョーコさんも蓮様のぷち不機嫌の本当の意味(独占欲みたいなの)を肌で感じ取ってくれていると信じたい(^^;。・・・・軽井沢でも相当からぶってたからなあ・・・・・ダメかなあ・・・・・・ぐす・・・・・。


モー子さんたまにはドピンクツナギ着ているのね♪
久々に見たわ^^。


それから。

ファンブックおめでとうございます~~~~念願のファンブック(ほろり)。歴代のカラーとか入れて欲しいんですけれど、他の方のファンブックって買ったことが無いから仕様がよくわかりません。一体どんなの・・・?ファン投票とかも楽しそうですね^^。


別の方のお話ですが、佐藤先生の漫画前回から随分経ちましたが・・・毎度楽しみにしてます。ペット偏愛ダイアリー。お嬢も好きだが、母&姫、いいよ!数ヶ月前の前回の終わりは良く覚えているが、まさか今回の流れに繋がるとは全然読めなかったヨ・・・(笑)。

ACT.131 浮かび上がる鏡像

2008年11月05日 22:56

>DVD

キョーコ、安すぎるだろう・・・(笑)。
オレも買うぜ。
似非蓮目覚し時計台詞に100点。
小西氏が、私にとって重要な言葉を軽くぽろっと呟いていたのでドキッとしました。
アニメでは「ムッチリプリン」、そんなカオス的小技が毎度楽しみにしています。


>(本当にプレゼントの)蓮目覚し

いいなあ・・・(笑)。


>本編
>続々ゴタゴタ
の中にも、キョーコさんが憧れる青春(それがホンモノかは分からないけれども)が混じっていて良かったなと思いますけれど。素うどんじゃなくナツなら会話も様々付き合うのか、それとも、本当に雪解けだったのかな、とかと思ったので、ホンモノかは分からない、とカッコ書きをつけてみました。


>次はもっとひねりの効いた~~~

ブラックな彼女を救うのはキョーコさんなのでしょうか。
そいえばクーパパに「イジメのパターンありきたりすぎて」みたいな事さらっと言ってましたもんね。
慣れすぎていて、逆に楽しんでいる風も・・・。
といってもいやな事を乗り切る手段なのかもしれませんが、切ないのぅ・・・。


>DARK MOON以外にもレギュラー持っているらしいんだよ/なんですって!!?

やっぱ、様々勝手に対抗意識燃やして、見下してたのね~・・・ぐすん。


>石橋光氏
あんなにちょっとしか出てきてない人なのに、何でこんなに好きなんだろう(笑)。
先輩にも拘らずキョーコさんを大事にしてくれるいい人たちだ・・・(ほろり)。
そして、台車を押すのはやっぱり石橋光氏。
うふふ・・・彼の思いは報われないと思うけど、私は大好きでありますよ、光さん^^;。


くにゅむにゅしてるキョー子さんがかわゆい(笑)。
なんかキョーコさん・・・マシュマロみたいでおいしそう・・・・(違)。

ナッちゃん抜けた素のキョーコさん、かわゆくて、やっぱり好きみたい・・・。なんでか、気の抜けたキョーコさんに、とてもホッとするのは、現場の醸し出す人間関係の雰囲気に私もヤラレテいるのかしらね(笑)。


>ちおりんお過去

ふむむ・・・過去がどんな辛いものであれ、我振り返ることもなく他人の事に努力のベクトル向けずとも・・・(ほろり)。ちおりんプロ根性はあるのでしょうけれども、プロならもっと力を使う所が違う気がするでする・・・。策士策に溺れすぎないようにね・・・やや溺れかけてましたけれど・・・。なんだかトコトン黒い人で、妙に哀れんでしまうのですけれど、そっちの方がひどいのかもしれません・・・でも単純に彼女をぶっ飛ばして欲しいとかは思わないのよねえ・・・寧ろ救ってあげて欲しい。キョーコさんが関わる人間だからかしら。先生が描かれるキャラクターだからかしら。両方かもしれない。


最近の雰囲気は、ドラマ仕立てで、テレビっぽい感じがします。


>次号スペシャルショート
うぉぉまじっすかvvvハート飛ばしとこうっと(笑)。
素直に楽しみにしてます。
体感クリスマス期間よりも早く飴がくる~(のかしら?)(笑)。
だとしたら嬉しいな♪(勝手に飴を期待しちゃうけど・・・)
今年も暖かい冬を越させてください・・・(笑)。

>柱@コミックス50冊
・・・そんなになりますか、めでたいですねえ!1万枚近くかそれ以上休まず原稿描き続けているのでありますね。写経並み。プロも極めりですね。プロ年数と共にすごい事です。コミックスの柱がすっかり無くなってしまったので、本誌の柱でしか近況を知りうる事はありませんが、お元気そうで何よりでありますね^^。今は内容が内容だけに精神的に引きずられずに、思い描く世界、伝えたい世界を描いて頂きたいなと思いますですよ^^。今は読者である私などは思い切り引きずられているけれどねっ(笑)。

でもインスタントにラブを満たさない作品達が私のツボなのでありまして、これからも思い描く世界をトコトン奥深くまで追求して頂ければいいなと思います。(自分自身を振り返る事は控えますが(=_=;))

要は先生のギャグラブシリアスのバランス感覚が好きなんです(笑)。そういえばすっかりシリアスモードでお元気なのが影に隠れていますが、たまには元気なのもいいですよね^^。スペシャルショートはそっちかなあ。

などと纏まり無く適当な事言って終わっちゃいます。でも一ヶ月待ちではないので良かった♪(お休み返上で大変でしょうけれども、読者としてはとても嬉しい^^;)んではでは^^。

ACT.130 逆転

2008年10月18日 22:53

>扉

胸の輝きだけのキョーコさん、妙に萌えます・・・・。
そのまま将来の蓮視点で妄想して鼻血を吹きそうに・・・・・わぁぁぁぁぁ。


>続ゴタゴタ


黒髪だと少し真面目な印象になってしまって、やっぱり浮いてしまう・・・のかしら。
背丈とか?


>あの監督スゴイのかダメなのかよくわかんな


・・・・・・・ホントだよね(笑)。


>ぶちこわれちおりん/なんで私がこんなシワ寄せを


人を呪わば穴二つ・・・・・・・・自分も同じ穴に入ったのだ・・・・・・
その前のキョーコさんに同じ穴掘ったの自分なのに自分に降りかかると
他人を恨むって・・・・・・・・うわぁぁぁぁぁ・・・・・・・ホント『期待を裏切らない子』だ(汗)。


>許さない

お門違いもいい所なんですけれど・・・・ココまで来ちゃうと笑ってしまう(笑)。
完ぺき主義も度を越すと大変ですね。
女優やっていたら誰もが経験する事なのでしょうけれども。
「新人京子=鈍」と見下してる。キョーコの人生の経験など知らないのにもかかわらず、「4年も長く現場で仕事しているのに負けるはずが無い」という無意識が働いてるのでしょうけれども、うーん・・・。全員の前でプライドを傷つけられた事もまた、辱められたと、京子さんへの逆恨みを増幅させてしまったのでしょうけれどね。プライドという名の人の心はとても複雑で難しいです。

ナツ編が割としっかり描かれていて今後益々泥沼な様相。飴とムチ、飴は今度いつ頃来るかな。つかの間でもいいから甘い飴を楽しみにしております。今年は前半、頭に花が咲いていたので、あと今年も二ヶ月・・・せめて体感のクリスマスの時期ぐらいは、蓮の誕生日話とか見たいなあ・・・まだ出会ってから一年も経ってないけれど・・・プリンセスローザのお返しは一体何になるのかなあ~・・・・蓮もそうだとおもうけれど、そんなにお熱いのは期待してないから、せめて一緒に。「君の今夜の時間と身体」・・・・でいいから・・・(あぁうっとり)(笑)。

ACT.129 静かなる戦火

2008年10月18日 22:20

>表紙

表紙で3人が並ぶのって、随分とおひさしぶりではないでしょうか。
尚の金髪ブルーアイズが美しく。
黒髪オトコはとても美しく(笑)。

>カラー

かわゆい~。微妙に階段途中で青くなっているのは誰(笑)。


>京子さんビフォアアフター

蓮の魔法の手にかかって一夜・・・素敵ですねえ。
その変化への対応の仕方とか思惑で・・・その人の性格が垣間見られますね。
ヒロインの子は天然だし自分はヒロインだから・・・・スルー。
その他の二人はいじめることに決定。
ちおりんと監督は「やっぱり」。

本誌がおやすみだった一ヵ月半の間、
監督についてどう思うか、ニューキョーコさんを見てどうすると思う?
といったような質問を何件か貰いました。

たとえちおりんと監督の性根が近い部分があったとしても、
監督は作品に自分の名前と人生がかかっているから、
イイモノを選び取るに違いない、中途半端な役でも作ればもちろん
ちおりんが思っていたような反応をするだろうけれども、
イイモノにさえしてくれば、画面が良くなるので受け入れるだろう、
ちおりんが思うような反応はしないのでは無いか・・・と言っていたのですけれど。
当たらずも遠からず、でしたでしょうか。

もしちおりんの思うような方向に進んだとしたら、
キョーコさんは役を作り直すというより、降板なんじゃないかな、という事で。
キョーコさんの鼻をへし折るか明かしてやりたいちおりんの思うように話が進むのか、
もしくは、上で書いたような事か・・・と。

自分の名前で仕事をするというのは大変なことですね。

>蓮の女性モデルウォーク/モザイク

・・・・・・・モザイクって(笑)。
社さんの蓮妄想って面白いよね。
破顔が想像できなくてへのへのもへじとか(笑)。
蓮の事一体どれだけ考えてるんだろう・・・(違)。


>キョーコさんの手作りプリンセスローザネックレスを思い出して癒されてる蓮

・・・・・・・・癒されてる癒されてる!!!(笑)。
そりゃそうだよねえ・・・・自分があげたものをいつも大事にしてくれるんだもん。
コーン石とちがって、プリンセスは蓮の名前であげたんだから・・・☆
そして、自分を輝かせるためにずっとつけていてくれるんだもの・・・。
男冥利に尽きると思いませんか、蓮様・・・?(笑)。


>その他ごたごたと氷の微笑のキョーコさん

氷の微笑・・・懐かしい映画です・・・やや刺激のお強い作品でした・・・・そんなキョーコさんを妄想・・・きゃぁぁぁ・・・(赤面)・・・てちがくて、美しいですね(笑)。

顔の美しさだけでなく所作や雰囲気でも美しさは決まったりしますから、キョーコさんはそもそも美しい動作は出来ているので、自信がある表情さえできれば^^。謙虚なキョーコさんも大好きですけれどね。




ACT.128 SWICHOVER

2008年10月18日 21:45

この回もちおんりんの二面性が際立った始まりで、こんなに爽やかな朝から、心の中の素敵な悪魔の声を聴き続ける彼女はもうフラストレーションのカタマリなんでしょうなあ。

どうしたらこの人幸せになるんだろう?売れっ子女優になったらなったで、他人の力の無さを笑い続けるのでしょうか。あくまで自ら修羅を選んでいるこの人の人生を考えると辛いです。誰か本気でこの人と向き合い、怒り、心配してくれるオトコでもいれば救われるかもしれない。同性は全部敵みたいなちおりんなので(わお)、オトコの方がいいかなって。ちおりんが心から認める人か絶対に敵わない人・・・同業の方がいいな・・・でも蓮はダメよ(笑)、キョーコさんのもの。あげないから!!!(笑)。

ノートが友達。自分以外誰も信じられなくなったいきさつは何だったんでしょうか。単なる自分の自信?4年の経験値?何か他にあると信じたいものです。素敵愛の伝道師である宝田氏に助けていただきたい、ラブミー部員になられるのはちょっとヤですが・・・少し「ナンなのよコレ!!」って恥かしいカッコでもさせて、外向きに文句を言えるようになるといい(笑)。

ちおりんとキョーコは似ていて否なるもの、違いは、ココロの力の使い方、かしら。キョーコも心の中に怨キョはいるけれども、その力は他人の為の力には使わないので。蓮がいたのも一員なのかな。

モー子さんとの違いは、、「私は女優になるために生まれてきた女なのよ」、そこはちおりんと同じだし、二人とも強く自分に自信があるけれども、モー子さんは腹に悪は溜めないタイプ、かな?言いたい事は本人にしっかり言うもんね。モー子VSちおりんをイメージすると、壮絶バトルか冷戦か(笑)。

ちおりんの母親というものがどういうものかについて随分まえにちらっと書いた記憶がありますけれども。ものすごく可愛がっているか、確か日記で補完でしたと思う、過干渉か・・・と。前者の様子でしたね。

心から心配してくれている優しい母、不自由なく育ち、きっと小学校時代は誰もが認める優等生・・・・というのが目に浮かぶよう。意気揚々「女優になるわ」って自信を持って芸能界入り・・・・とういうちおりん半生を妄想しましたが、如何でしょうか(笑)。

でもちおりん日記はあまりよく読めません。
ここまで一生懸命ちおりんについて考えてきたけれども、
あまり深くちおりんの感情を身体に取り込みすぎると重いのでやや苦しいですね。

もちろん、彼女を単なるスキビの中の一キャラクターとして、
「おお、大変だ~!!キョーコよ、頑張れ!!!」とは思いますが、
それ言うだけだと感想にならなくて、毎度三行で感想終了するので・・・・(笑)。
私なりのちおりん探索、ちょっと重かったと思いますが、
漫画というより、そこにその人が本当に居るかのようなキャラクター作りをされる先生なので、
毎度楽しませてもらっています。

最後に、素敵キョーコさん、そのまま蓮と並んだらモデルさーんも出来る、かな?(^^)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。