スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.112 父子記念日

2007年10月20日 11:36

個人的事情というか体力の問題で遅くなってしまった
まとめて書きます。書きたかったのだv。


さて・・・気付いたのは次の号(ACT.113/22号)で振り返って読み戻っていったらこの号からだったのですが、人物の紹介変わったんですね~。ふふ・・・蓮様意地悪な態度はもうしないんだ?とニヤリ・・・(笑)きょこさんが好きで、ついいじめて(遊んで)しまうっていうのも捨てがたかったけどv


>私まだダメっ子生徒でいたいんです

ふふ・・・個人的萌えポインツ発見~。甘えっこきょこさん好き。
すぐに帰ってしまうって分かってきょこさんしょぼんなのに、クー先生はケーキに夢中・・・(笑)。その対比も好きです。

>お前いいお母さんになるぞ~~~~~~

うん、うん、そうだよね~。旦那様の幸せものめ~~~~!(笑)。
けど・・・その台詞でブラックキョーコさんになってしまうあたりが、まだまだ呪縛強いというか、トラウマ?なのかな、仕方ないですね。

>愛

16だもんね・・・16で愛だとか考えた事なかったけど・・・。キョーコさんや(ある意味蓮もかな?)のように小さい時から沢山人よりも気を遣って生きてくると16といえど精神的にはある一点部分はとても大人で、また別の点で子供で、そのギャップに心が悩む気がするよね・・・10代って・・・(遠い目)・・・・とか振り返るです。16歳の頃なんて生きて目の前の課題をこなすことに精一杯で愛なんて到底考える余裕なかったかしらね。でも、愛されてるって今その時には気付きにくいんだよね・・・しかも愛をくれてる人の心を慮らなきゃ分からない事だから、とてもむずかしい。愛の形も様々だし・・・。


>クオンママ@嫌がるクオンの口に息が詰まるほどノルマの料理をつめ込んでたよ・・・推定5・6歳/・・・思えば食事というと目に涙をいっぱいためてた・・・

ふふ・・・蓮様の壊れた食欲中枢と、「胃に入れば同じ」は、父の反動かと思っていたのですが、ママの影響が大なのかもね(笑)。胃に入れば同じ(笑)。でもきょこさんの料理をうまい、と判断できる辺り舌は普通に育ってくれているのかな(笑)。


>私の息子じゃなかったらあの子はもっと幸せだったんじゃないだろうか・・・

クーとママの二人の組み合わせじゃなきゃ神の寵児は生まれませんし育たないよぅ!!!パパー!!!。けど・・・キョーコさんってとても聞き上手なのねん。坊の姿だったとはいえ蓮の心の闇を言わせて、クーの心の闇を言わせ、自分の事のように悩んじゃう姿は、所謂愛情そのものだとおもうけれど・・・。

>敦賀さんが『久遠の気持ちをつかんでたよな』って・・・/そうなのか・・・おろおろパパ/そうだったのか・・・

パパ・・・ホント久遠好きだよね・・・(笑)。でもパパもパパで笑顔が消え始めた頃からの蓮を思うと当然悩んできたんだから、「久遠でいたい」って言ったキョーコを蓮が肯定したならパパ嬉しさでうろたえるよね(笑)。無意識?とはいえ、きょこさん一言でパパの5年分の呪縛を解いてしまった。日本に来た意味は蓮に会うって事もあったけども、きょこさんに会えて蓮の本音が代弁して貰えて良かったね、パパ。パパの笑顔いいなぁ・・・(うっとり)。やっぱり旦那に欲しい(笑)。

というのと、無性に父に会いたくて電話をかけ、来年年初に一緒にデートをする約束をしました。デートできるのもあと何回あるかな?とか思うとちょっと切ない。出来る時に出来るだけ一緒に出かけておきたいですね。母もですけれど。スキビ効果は大きいな!ありがたや・・・v本当に優しい気持ちになれる漫画ってそうそうないんだもの。先生の作る喜怒哀楽の感情の波に乗っているのは物凄く心地よいです。捲るという能動行為ではありますが、テレビと同じで、ある意味全面受身になる漫画。そのため読む、読まないを自分で判断していかないと感情や精神が流されてしまいますので、私の場合最近は読む読まないをはっきり区別をつけてしまうようになりました。けど仲村先生の場合は昔から絶対に、私が漫画として読む事ができない、人の感情や場面は描かない先生でいらっしゃるので、どんな設定になろうとどんな流れになろうとも絶対的安心感を置いて読んでいます。私にとって本当にありがたい先生のお一人です。

>いい旦那さんの上にいいお父さん♪ゴッドファーザー

神の寵児を産み落とすのは神様~(笑)。
きょこさん、言っちゃったって寂しがっていましたが、おかげで全て本音で語れるようになってる^^。いい傾向いい傾向。蓮様にもそうしていただきたいです。


>先生みたいなお父さんなら欲しかったな・・・なんて/わたしには親子の縁を切った覚えは無いのだが・・・・?/ひ~~~~~(泣)

クーパパ優しいよね。言葉だけじゃない人の救い方。きょこさん、とっても素直で泣き虫なのに普段は心の闇に隠してしまうから、泣けてよかったねえと思うです。クーパパがきょこさんに救われたなら、きょこさんもクーパパに救われて、相思相愛、らぶらぶ親子・・・・。互いが互いに救われるっていう対比が一回の中に収まっていて、もう満足すぎて「はぁぁぁぁよかった・・・・」と思ったら、全体が「はぁぁぁぁ良かった」で纏まってしまいそうで、ようやく冷静に書けたです。良かった良かった



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。