FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.126 ナツへダッシュ!

2008年07月23日 06:50

>カラー
キョーコさんかわゆい☆大人の色気(?)だ~(笑)。


>その後
ナツへの疑問と周りの対応への疑問と・・・未緒でいいという事への疑問。
監督の描く世界に必要な一つのパーツになってしまう事への疑問。
自我があるからしかたないけれどね。
自分が演じる事と全体を見回す事はまた別なので、監督と意見相違があっても仕方ない。
(芸能界での生き方云々、とは別の話で)
でも一部しか見ていないと、未緒で演じる意味(監督の意図)が理解しにくく、単に監督がアホ(失礼)つーかヒドイ人、に見えてきますね(笑)。

>演劇論者二人。
仕事への熱意は、ちおりんの部屋で演劇論語ってしまうほど好きなんでしょう。
仕事面での不足を思ったり言ったりしてしまうのは仕方ないとしても、
どーも好きになれない・・・・と思うのがおごっとるのでしょうか・・・・・・。


>ちおりんの策
ブラック策士・・・・・。例に漏れず、キョーコさんを手にかけたので、大激怒(笑)。
いい事言うもんだと思った矢先に。むむん。

>監督
この監督、歴代の監督の中で一番男らしくない。自分の肩書きと立場で人を操ろうとし、旬な人間構成で数字を取ろうとする、所謂数字命の商業主義に浸った監督に見受けられます。尊敬できないので苦手なタイプ(ごめんなさい)。監督もここまで上り詰めて監督になるための手段として、周りに媚びへつらう方法で伸びてきたのが目に浮かぶような・・・。監督の実力も当然あるのでしょうけれども、この監督にも今までの監督のように監督美学があるのだろうか。役者を一つの望む風景としてコマ扱いする監督だとするならば、監督の望む風景になれるかどうかで役者の良し悪しが決まり、役者さんは自らの自我は必要ないに等しい。ただ、「大した演技の幅もないくせに・・・・」というのは、新人なんだから仕方ない事なんだけどな・・・と思ってもらえんもんか・・・・。

監督自身もきっとまたランクや棲み分けがあるのでしょうが、役者を伸ばすどころか今見えている幅だけを見て判断するなど度量の狭いことを考えている時点で、コンビニ監督(目に見えているその時々の流行や売れるものだけをすぐに使い回したい二番煎じ監督の意)と呼んで差し上げよう。ちおりんよりも扱いがヒドイのは、男らしくない上に、言葉の真意を確かめることも無くちおりんの言葉を鵜呑みにし、女々しくも彼女達同様キョーコさんをいびろうと考えているからです。コレが新開監督ならちおりんのそれまでの態度と言葉の意味を考えて、ちおりもキョーコも転がしてどちらもうまく使う。黒潮なら「へぇ」だけでながし、実際目の前にプロとして作ってきた演技を見て全体を見回し、評価する。そこは互いにプロとして同等。それでダメだしされたなら役者は伸びるでしょう。芸能界の媚びへつらいで潰されるのとは違う。蓮もちっちゃいとき、大人の中で苦労したなあ・・・それでも実力一つで有無を言わさないのが一番手っ取り早い方法なのでしょうけれどもね。

あれ・・・監督の名前出てきてましたっけ・・・?
また脳内自動遮断したかな(笑)。
監督をキョーコにとって悪に見える立場に置いてあるので名前も覚えてないのかも・・・。


>仲居立ちで考え事
素で今時の女子高生が出来てしまうほかの人たちと違って、育ちのよさがじゃましてそれが出来ない・・・のであれば、この世界から抜け出した時はその育ちのよさはとても役に立つと思う。たまたま今「てれん」としたカッコができないかもしれないけど。どんな役を当てはめたいか考えてその他大勢役は回りにくい・・・(幅が狭まるが自己イメージが守れると思うんだけど・・・どーだろう・・・・自己(キャラクタ)イメージが壊れる方がドラマとしては成功するケースもあるし、○谷氏のように見えている自己キャラクターをうまく利用する脚本家さんもいるし・・・ぐーるぐる。)。


>ダメダメ尚人形六体
こだわりの一品だなあ・・・・(笑)。

>なんかいい名案ありませんか・・・敦賀さーん・・・・
キター(笑)!!!!

>2:10
えぇぇぇっ・・・・キョーコさん、そんな深夜に蓮のおうちに行くなんて無防備っ(何も無いから)。
そしてずっと待ってたかと思うと危ないよぉぉぉ・・・・。

ごく単純に喜んじゃった。
ナツ編に入ってからキョーコさんが苦しんでいるので、助けを求めたのが蓮であって嬉しいなって。
夜の帝王の回ぶりぐらい?に、蓮のおうちで二人きり!(笑)
色々妄想しつくした。おかげで幸せだった。期待しちゃうよ・・・・(笑)。
モデル立ちを学ぶって一時間やそこらで出来るのかな。
あわよくば弟子入りして毎日通い詰めたりなんてしたりして・・・こう読者的には美味しいスキンシップなどがあったりして・・・キョーコさんが蓮を意識しだしたりなんかしたりして・・・・蓮が悶々とするのが楽しみ・・・・(にしし)。キョーコさんが蓮を自然に好きだと受け入れてくれたらどんな方法でもいいと思ってる。尚を許せない限りは蓮も受け入れがたい思いますが、悶々と恋心に翻弄される過程も沢山楽しみたいです・・・☆役で苦しむキョーコさんももちろん成長する姿としてみたい話ではありますが、恋愛の方で成長する面も厚く描いてくれると嬉しいなあと思っておりますので。

次回次々回と蓮キョ話が続くかな、わくわく(笑)。
ナツの役どころが掴めない部分について、流している訳ではないんです。仕事と恋愛とが両立できなければキョーコさんも蓮もあっさりと仕事優先しそうな人種なんで、そこはうまくじっくりと恋を暖めて頂きたいな~とは思っているんですけど、でもどうしても感想を書く時、ネガよりもポジのが書き易いので。

今回蓮が出てきてからはようやく心が軽かった。この二ヶ月キョーコさんが悩むように引きずられて苦しくて、私自身が蓮に救ってやってくれと救いを求めていたかもしれない。ホント蓮キョどっぷり視点なんで読者失格なんでしょうが、遠くから眺めるなんてどうしたって出来ない作品。キョーコさんの喜怒哀楽に一喜一憂する単純読者です。次回に向けてわくわくしてる時の半月は長い。わくわく。

スポンサーサイト

19巻感想

2008年07月22日 23:51

19巻。

書き下ろしの蓮が可愛い過ぎる!!!!!!!!!!!
もう、蓮、蓮、蓮~~~~!!!!!!愛しいな~~~~。

そして久遠キョーコさんが可愛すぎる!!!!!!!!!
クーパパとのラブラブ絵は夢見てたので見られて良かったです。
「お父さん」って、呼べたかな?(^▽^)
ぎゅーぎゅーしてて下さい。べったりしてて下さい。


ラブラブ親子書下ろしだけでも幸せになれました。
こんな日を夢見て、最後まで日々スキビ道精進しようと思います(笑)。

癒されました・・・・☆

・・・・・・あ、叫びたかっただけです(笑)。

次回、昨年夏の表紙(2007年17号)・・・ひまわり持ってて蓮様がキョーコさんにミネラルウォーターのボトルをくっつけてるの・・・コミックスのカラーに入らんかなー・・・・ふたりのラブラブ表紙・・・・・コミックス表紙なら大FEVERしちゃうんだけどなー・・・・・(^^;)。入ったら、今後の展開超絶期待しちゃうんだけどなー(笑)。

アニメ化するにあたってキャラブックだとか画集だとか超期待してる。特にスキビのカラー画集。一冊は切り抜いて毎月額交換するよ~。(一冊は読む用@所謂オタ買い)。

ACT.125 BLACK OR WHITE

2008年07月22日 23:30

タイトルや扉・・・ピンで合ってしまったな~と思いながら扉を見ていました。
(作品はもう引いてある分ですが・・・)
私の感覚からすると、白か黒かという時、8割黒だと思ってる(笑)。
でもチビ人形風キョーコさんが可愛いのでヨシ!!(何)。

でも内容はちょっと辛い。イジメや苦労が一気にきているから。それまでクリスマス編で「無敵な気がする!」って言ってたのになーと思うと、クリスマス編とは180度逆のナツ編。現実は辛いです。でも蓮が通ってきた道はキョーコさんも通る道だと思って気を確かにして読み進めてる。(けど辛い(笑))

>君 もしかして いいとこ育ち?

確か普通の日記の方で、前回の感想に、「ちおりんの見た目はいい子で、中身はブラックな様を見るにつけ、キョーコさんの真の育ちのよさが際立つ」、と書いたのですが、まさかそれがこの回で仇になる部分だとは思いもよりませんでした・・・・。確かにお茶たての演技の時も、「尚の家で身についたもの」・・・という自覚はありましたけれど・・・・。


>あたしら5年は先輩なのにさ~/ハエがいる!!

・・・・・・・・・・・(笑)。
ゴメン、笑っちゃいかんが、ちおりんのブラックさとはまた別の次元にある人たちなんで・・・。
なんか見ていて可哀想な人たちだなって・・・・(←ヒドイ)。

キョーコさん、他人がどんなに悪であろうとも、人に対して常にフェアで謙虚。頭を下げ、詫び、義を通しているのに、それを仇で返す人たちがもう憎くて憎くて(笑)。キョーコさんをハエ扱いしたからには二度とあんたたちの名前なんて書いてやらんし覚えてやらん・・・と・・・・単純にも思いましたが、本当に主役のマルミーとちおりん以外の二人の名前覚えてないや・・・・しっかり脳内が自動遮断してるみたいで笑えてきます(笑)。

でもね、ちおりさんのようにうまく「大多数」に入り込みキョーコさんを置いてけぼりにし、でも、「自分はこの人たち(大多数の人たち)とは違うのよ」と思い、どっちの肩も持つような位置・・・・にいる、立ち回りの良さの方が、ある意味で賢い分、見ていてビミョーな感覚を・・・(しゅん)。芸能界で生きるコツがそれなのかしらね。どーもちおりんさんには引っ張られる(悪の)強さを感じます・・・・。


>私を傷つける事で自分たちの憤懣を解消していたって事なのかしらね/ダメね/中古なイビリ文句じゃ

私、この台詞にどれだけ救われた事か(笑)。
そしてその言葉を平気でいえてしまう事にどれだけ心が痛いか。
いっつも悲しい感情だけが麻痺してる。
泣きたいぐらい悲しかった。
もうダメなのよ、キョーコさんが絡むと(笑)。
(蓮視点で、ですが、)ぎゅーぎゅーに抱きしめて可愛がりたい相手が苦しんでると、それだけで本気で息が苦しくなってしまう(病気なので・・・)。
慣れているがゆえ、若女将的なあしらいができてしまうのでしょうけれど・・・。
正面からぶつかってくれたクーなどにはキョーコさんも正面から返したのでしょうが、
こうして斜めから見下ろされる視線は大人にも、流せてしまうのね。

オシゴトなので、怒鳴られることもあるでしょう。もちろん主人公の喜怒哀楽や苦楽を描くのは当然の事。なので、ナツがつかめず監督に怒られたりとか、キョーコさん自らがナツが掴めず苦しんでいる時なら「大丈夫だよ」って感想が書けるけども、足を引っ張って叩くことで、自らを(ぱっと見)高めようとするような、他人から与えられるネガな部分にはとても弱い。感想が書けない。こういうとき、私、キョーコさんを溺愛してるなーと改めて思いますけど(笑)。そしてスキビの世界にどっぷり浸かっとります。

でも今キョーコさんの中では他人の中古イビリは一切響いてない(慣れすぎて平気なのと、自らはいつも悪い事はしてないので、強いのでしょうか・・・)なようで、キョーコさんの今の論点はそこではなくて、「ナツ」が掴みきれないことと、監督との折り合いとの事の方が重要そうですね。大人ですね・・・・羨ましいです・・・・もうキョーコさんの周りの彼女達に一挙手一投足やられているのは私ですよ、ええ(笑)。女同士は感情優先なのでとても難しいですよね・・・・。どうせ感情優先なら、怒と哀は除いた感情でいつも付き合えたらいいなと思うのですけれどね。

アニメ化の発表と今回の回が同じで、内容にひっぱられて、
もう凹んで凹んで出てこられないぐらい凹んで、
アニメ化はまだ先だし、一ヶ月放置だし、って事で、
すっかり何もかもを放置しました・・・・。
自分が他人に叩かれてなら自分で納得も解決も出来ますが、
キョーコさんのことなんだもの!(笑)。

で。アニメ化おめでとうございます!
(取ってつけたようで申し訳ないのですが・・・)
駄アニメなんて許されないわ(笑)。
いいアニメになる事を願っています。
半年後、アニメでもFEVERしてますように。


ACT.124 見えない残像

2008年07月22日 21:25

えーと・・・感想二ヶ月近く放置してすいません。
今更な感がありますが、飛ばすのは気持ちが悪いので書いてみようと思います。

>扉
坊風船かわいい^^。


>売れる事だけが

えーと・・・努力もしないし偉くない私がコレを私が書くのはおこがましい事ですが、なぜ今売れているのかの理由の方が重要かなと思います・・・。芸能人が出ては消えていく姿を見るにつけ、維持するには様々な手がありますが・・・根付いた努力に勝るものは無いと、どの世界でも。その時良くてもいつかはダメになる、時間やその時々で比較するとつらいもんです。(プライベートな部分は一部本文を削除しました。)


>ほのかさん

キョーコさんの乙女フィルタが発動する姫具合なのねん。
後々出てくるとは思わなかった(^^;


>ちおりん@Vシネ女優

・・・・だったんか(笑)。なるほど・・・・(苦笑)。
食らいつく覚悟はモー子さん並みに強いな~。
蓮やモー子さんと同じぐらい仕事には熱心なんでしょうが、
私が言うのも何ですが、人の良さとプライドの高さとブラックが同居するって体力使うぜ・・・。
私までネガに引きずられて、ブラック度があまりに強くて、感想かいたけど出せなかったよ・・・・(笑)。

>マルミーなんだーいいなー(@ちおりん曰く『へらへらして』)
それを言ってしまう同僚は見ていてうーん・・・と思いましたが・・・・
・・・・ブラックノートしっかり見てみました。

>ブラックノート

「言われなくたって頑張ってるわよ!」
・・・・・・・吐きそうな程胃がむかむか(怒が入るムカツクという言葉とは違うのよ)するのも珍しい。
とてもムカムカというか、胃が圧迫されます。
コレ・・・ストレートに読んでいるとダメですなぁ・・・・。もっと遠くから見ないと。
ちおりんはシンクロしようとすると体力奪われますねえ。

言葉にして書いてしまうと精神的に黒に引きずられるので、この回もこのノートは実はあまりしっかり読めない。今初めてしっかり見て、やっぱりまたしばらく封印かもなあ・・・・ゴメン。読者としてダメ読者なんだわ。いいトコだけじっくり見たいなんていうのはね。でも胃がムカムカする。胃薬欲しい。

ちおりん、悪い事は言わない。人生破滅するぜ(苦笑)。某地○少女のアニメにそのままいそう(流されそう)なキャラクターですな(←某作品真面目に52話見たんで割と人間の鬱々としたブラック描写耐性はあるんだけど、スキビで見るとすごくしみる・・・/苦笑)。ちおりん・・・ブラックだけど、すごい繊細に見える・・・「どうしてそんな事平気で笑って相手に言えてしまうの?」って、常々思ってる。無意識に言葉の暴力に傷付いて、自分で消化出来ないほど溜まって黒くなっていってる・・・「誰にも負けない」って自負と、いい子に努力してきたプライドがあるから余計につらいよね・・・(苦笑)。

この時は、実を言うとちおりんの心の脆さに同情してたんだけど・・・後々キョーコさんも当然『訳隔てなく』ターゲットになった瞬間に一瞬にして主観に戻り、『!!!!』(←どーよ/笑)。キョーコさんに手出しするな~って・・・(危ないのは私です。ええ。笑)。

誰も信用できない、自分だけしか信用しない、誰の言葉も信用しない・・・ちおりんの人生をぐるっと考えて、今のままだと破滅街道まっしぐらだよな、と・・・(涙)。ここまで黒いとこの作品の中ではもう捨てキャラになって救ってもらえないかもしれないけど・・・。レイノの黒さともまた違う。彼は自己完結型なので・・・。今までの所謂当て役もどこか可愛げがあったけど、今回可愛げは外面だけで、一番たち悪いかもしれない。彼女の脆さとつらさを心から吐き出せる相手ができるといいなと願うばかりなのですが・・・・誰も信用できない彼女にとってそれは一番怖いことでしょうけどね・・・駄々捏ねても何しても受け入れてくれるダーリンができてしまえば、一歩ずつ彼女は救われる気がする・・・そうか、この子、甘えられなかったんだ、きっと!(笑)。子供の時に甘えられなかったキョーコさんも、もし尚がいなければ、一歩間違えば、ちおりん化していたんだから、キョーコさんだけでなく彼女も作品中でぜひ救って頂きたいと心から願うばかりなんであります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。