スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACT.115/116 LUCKY NUMBER “24”

2007年12月19日 22:13

感想はとりあえず下記に。
簡単にですけれど。
沢山読みに来てくれてありがとう~!
アンドココの所全然書けなくてごめんなさい!

***************

で、感想。116、今回の方です。


蓮、哀れ!(大笑)

あぁ、蓮、大好きだよ(笑)。
初恋の蓮と恋愛氷河期のキョーコさんとの恋愛って感じがひしひしとします(笑)。
なんて初々しいんだろうって思いながら噴出しました。
ホント、恋愛百戦錬磨な顔で初々しいって何てかわゆいことかわゆいこと!
あぁ可愛いよ、蓮(笑)。
・・・・どうも最後にぷぷっと笑いが付いてしまうのが可哀想だけど(^^;。
今回は全部社さんと社長が各々突っ込んでいるので、その通りだ!と思いながら読んでいました。

あえていうなら社長さん付きのバトラーのメンツがついに割れてちょっと気になるとかいう感じです。こういう感情のあるような無いような感じの人スゴイ好き。
そもそも私が当初蓮を好きになったのだって、2・3巻ぐらいの感情の無さ加減だったんだもの(笑)。
感情の無い蓮と感情そのもののキョーコさんの対比がスゴイ好きだったのだけど、
最近はもう・・・・感情出しすぎってぐらい優しさストレートですね、蓮様。
優しい蓮も好きだけど、冷たい蓮も好きだったよ~。

今は満面の笑顔のキョーコさん見守るだけで満足だろうけど、
どんどん馬の骨は現れるのだ。がんばれ、蓮(笑)。

あとは、今回のコレがラブミー部卒業フラグなのかどうなのかは分からんけど、
たしか「誰かの為に」っていうのがラブミー部の卒業前提だったような。
・・・・・・・・・っていうのは深読みしすぎかもしれん(笑)。

それから一点、前回の本誌を読んでいて気になった点をひとつ。
もうどうこかで話題になっているだろうとは思いますが、
「キョーコ生活16年と幾数ヶ月」

キョーコさん、今高二なのよねって、先日の友人ズとのお茶会でも聞いてみた。
高二だという同意の下、更に考えて、高二って17になるのよね?って事で、
きょこさん誕生日いつなんだろう?
2月何日かの蓮との出会いの時には、蓮はとりあえず19歳で、
きょこさんは確か16歳だったはず・・・・?もしかして15で、3月かどこかで16になってたのかな。ってことは1月~2月数日生まれなんだろうか?とか。

いえ・・・・主人公は歳なんて取らないっていうサザエさん理論でもOK!!(笑)。
永遠と蓮は20できょこさんは16のまままた夏が来て冬が来て話が進むってのもアリです。

なんだかんだ結構書きましたね。
感想溜まってるからいいたいことだけ言っておしまいなんですけれど。

あと、前回のカラーと扉は非常に萌えました。
前回の真っ赤な服のキョーコさんかわゆかったv
そして、バニーキョーコさんに鼻血吹いた。
かわゆかった~☆

2007年の連載も無事全て終わりましたね。
先生お疲れ様でした。
また来年もスキビのさらなる発展を陰でお祈りしつつ。
そして意味あるのか無いのか分からん感想見に来てくださった皆様にも感謝!
ありがとうございました。
また来年も宜しくお願いします☆


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。